簡単おすすめ!アコムのネット申し込み

消費者金融最大手のアコムは、ネットからの簡単な手続きでキャッシングの申し込みから融資まで、一連の流れをスムーズに進められるのが大きな魅力です。お手持ちのパソコンはもちろん、スマートフォンや携帯電話からの申し込みにも対応しています。

 

アコムの実店舗まで足を運ばなくても、24時間いつでも融資の申し込みができる、それがネット申し込みのメリットですし、最短スピードで審査が完了すれば口座振込みの形で即日融資を受けることも可能です。かつてアコムのネット申し込みといえばあくまでも審査の事前申し込みの手続きでしかなく、実際の審査自体は自動契約機「むじんくん」まで足を運んで受けるしかありませんでした。

 

しかし今はその必要もないというわけです。またネットでキャッシングの申し込みから融資の手続きが完結すれば、人目につかなくて済むというメリットもあります。誰でも気軽にキャッシングが利用できる時代になってきたとはいえ、借金の場面を知り合いなどに見られてしまうということは極力避けたいものですし、思わぬトラブルの原因にもなりかねません。

 

アコムのネット申し込みなら、しっかりプライバシーを守りつつ契約することができますし、審査結果などもメールで通知されるので、非常に手軽なのです。

 

アコム


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.7%〜18.0% 500万円 最短30分 最大30日※1

※1 初めて契約後30日間

 

手続き内容を事前にチェック!〜アコムのネット申し込みから借り入れまで〜

できるだけスムーズに手続きを進められるよう、アコムのネット申し込みについて順を追ってご説明したいと思います。

 

申し込み

ネット接続のパソコン、もしくはスマートフォンからアコムのホームページにアクセスし、専用ページで必要事項を入力し、送信します。申し込み手続きはたったこれだけで完了です。あまりパソコンは得意でないという方も数分あれば入力できます。申し込みは24時間365日、いつでも都合のいい時間に行えます。

 

折り返しの確認電話・メールに対応する

ネット申し込みが正常に受け付けられると、アコムの審査担当者から折り返し、申し込み内容を確認する電話、あるいはメールがあります。これは審査結果を知らせる内容のものではなく、申込者が自身の意思に基づいて申し込みしたかどうかについて確認するための電話・メールです。

 

身分証明書の提出

本人確認のために有効な運転免許証や保険証などの書類を提出する必要があります。提出方法についてはアップロード形式でネット上で提出する方法、FAXで送信する方法のいずれかを選べます。

 

審査結果の連絡を受け取る

審査完了までの時間は最短ならば30分程度です。審査落ちならばこの時点で終了で、無事審査を通過していればそのままアコムとの契約に移行します。

 

契約

提示される契約内容を入念に確認し、同意できるならば契約を結びます。キャッシング専用カードが手元に届けば、その時点からいつでもアコムの提携ATMで借り入れを行うことができます。

 

アイフルにはいくつかのタイプの店舗があります

アイフルは全国に店頭窓口と自動契約機を展開しています。もちろん、店舗でローン申し込みをすることもできますが、インターネットで先に申し込みをしてから店舗を訪れると、所要時間が30分近く短くなります。

 

どこに店頭窓口や自動契約機があるかを調べるには、公式ホームページで検索するのが最も簡単で確実です。尚、店舗によってはATMが設置されていないことがあります。公式ページでは、ATMの有無も確認することができます。

 

アイフル


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.5%〜18.0% 最高500万円 最短30分 なし

 

アイフルのATMって何ができるの?

アイフルのATMを使えば、365日24時間借入も返済も可能です。しかもどの時間帯でも手数料は無料。ATMのある店舗は是非チェックしてみてください。

 

近くにアイフルのATMが無くても心配無用です。24時間営業のコンビニに設置されている提携ATMならアイフル店舗のものと同様、いつでも借入・返済が可能です。

 

アイフル自動契約機(無人契約機)はどうやって使う?

自動契約機を使えば、ローンの申込から、審査、契約、カード発行まですべての手続きが可能です。契約機は個室状の場所に設置されているため、プライバシーの心配もいりません。

 

時には、スグに借入を実施したいこともありますが、そうした時には店舗の利用が最速だということを覚えておいてください。インターネットで申し込みを完了し、審査通過の連絡後、店舗で契約をすると、カード発行までの時間が最短で手続きもスムーズです。

 

契約が完了しましたら、平日14:10までの振込依頼は当日入金も可能です。つまり、平日時間内ならインターネットでの手続き、土日や時間外でしたら店舗へカードを受領に行くのが最短ということになります。因みに、アイフルの店舗は平日・土日ともに午前9時から午後9時までの営業です。

 

窓口での契約の利点

商品内容の説明や借入の相談をしてから契約したいという方には、店頭窓口での契約がおすすめです。窓口ではアイフルカードの発行も可能です。

 

ただし、窓口だけで契約に至るには審査時間を待たなくてはいけません。この時間を短縮するには、前もってインターネットで申し込みだけしておくことにできます。窓口での契約では、本人確認書類の提出が必須です。忘れずに持参しましょう。

 

身内に知られたくない。秘密を守れるキャッシング会社はどこ?

 

お金を借りるというのはどこか後ろめたいものです。お金を借りていることを家族に知られたくないということも多いと思います。
自分がお金を借りていることを秘密にしたいときのキャッシング会社の選び方について紹介します。

 

どういう時にバレてしまうのか?

お金を借りていることが身内にバレてしまうのはどういった時でしょうか?まずはその点を確認してみましょう。

 

キャッシング会社からの電話が自宅にかかってきてバレるケース

キャッシング会社から自宅に電話がかかってくるケースがあります。しかし電話口でキャッシング会社が会社名を名乗ることはほとんどなく、個人名を使ってかけてきます。また、本人以外にキャッシングについての要件を伝えることはないはずです。

 

ただし、家族というのはちょっとしたことがきっかけで隠し事を見抜いてしまうものです。電話を変わった途端にコソコソと話をしたりすれば怪しまれることもあるでしょう。
勤務先に在籍確認の電話がかかってくる場合もありますが、これはさほど気にすることはないでしょう。自営業の場合はこの在籍確認が自宅にかかってくることになります。

 

キャッシング会社からの郵便物によってバレるケース

キャシング会社と契約を行うとカードや契約書類、明細書などが郵便で送られてきます。こういった郵便物がキャッシング会社から送られる際は会社名が差し替えられていますが、郵便物は家族の目に止まることが多いので郵便物が自宅に届くというのは身内にばれたくないという人にはリスクが高いと言えます。

 

ケアレスミスによってバレるケース

机の上に置いておいたカードや明細書を見られたり、ゴミ箱の中に入れておいた明細書が家族の目にとまったりというケースがあります。
カードをそのままどこかに置いておくなどのミスは言語道断、秘密を守るには注意深く行動する必要があります。

 

秘密をもまるためのポイント。

こういった身内バレのリスクが少ないキャッシング会社というのはどういうところでしょうか?

 

連絡先は携帯電話にしましょう。

自宅の固定電話の方が審査の際に有利であるとの説もありますが、最近は携帯電話が主流になったこともあり連絡先が携帯だから審査に落ちるということはなさそうです。連絡先を個人の携帯電話にしておけば自宅に電話がかかってくることはないので安心です。電話連絡を受ける時間を指定できる会社もあるので、そういったキャッシング会社を選択するのもよいでしょう。

 

窓口や自動契約機を利用しましょう。

契約やローンカードの受け取りを窓口や自動契約機で行うことで、自宅へ郵便物が送られるというリスクを避けることができます。どうしても郵送になる場合には受け取りを近くのコンビニで行うことができるサービスもあります。

 

 

インターネットを活用しましょう。

明細書を郵送せず、インターネットを利用して確認できるサービスを行っているキャッシング会社を使用すれば、明細書が自宅に届くリスクがなくなります。
ただし、インターネット経由でのお金の移動はどうしても口座振替となるので、通帳に記録が残ります。通帳を家族が見る可能性がある場合には注意が必要です。
記録を残したくないということであればATMでの借り入れ、返済を行うのが最善の方法です。

 

返済の遅延には気をつけましょう。

返済の遅延には注意しましょう。返済が遅れた場合キャッシング会社は連絡をしてきますので、できるだけ返済遅延しないよう気をつけましょう。遅延が発生することがわかっているのであれば事前にキャッシング会社に連絡するとよいでしょう。

 

バレずに借りたいならこの3社がおすすめ!
アコム 最短即日
プロミス 最短即日
モビット 最短即日

 

 
あなたにピッタリのキャッシングはどれ?

キャッシングには、大きく銀行・消費者金融・信販系の3つがあり、それぞれに特徴があります。ここでは、各キャッシングの特徴を簡単にご説明していきますので、参考にしてください。まず、銀行のキャッシングについて。銀行に対しては敷居が高いというイメージをお持ちの方も多くいらっしゃるかもしれませんね。

 

おすすめ銀行系カードローン比較!三菱東京UFJバンクイックはここがすごい!

 

確かに、銀行は消費者金融に比べて審査が厳しく通りにくい傾向にあると言われています。ですが近年の銀行キャッシングは(少額融資であれば保証人・担保の必要もありませんし)以前よりも審査も軽くなり、格段に申込・利用がしやすくなりました。それに伴い、利用者も増えてきています。

 

次に消費者金融について。多くの人に利用されているといえば、やはり消費者金融のキャッシングでしょう。申込から融資までのスピードが早いことや、銀行に比べて審査が軽くて通りやすいため、気軽に利用できる点が人気です。

 

総量規制の施行などにより、以前に比べると借入が難しくなってきてはいるものの、アルバイトやパートでも審査に通る可能性が高いとなど、融資対象の幅が広いところが特徴だといえます。 最後に信販系について。信販系キャッシングとは、クレジットカードを扱う信販会社によるキャッシングサービスのこと。クレジットカードのキャッシング枠を利用して、ATMで手軽に借入できる点が人気です。

 

銀行・消費者金融・信販系、どれがいい?

銀行・消費者金融・信販系など、キャッシングサービスを提供しているところは複数あり、それぞれに特徴があるため、一概に「ここが良い」ということはできません。

 

よって、キャッシング利用をする際には、それぞれの特徴を把握・比較し、自分に合ったところを選ぶと良いでしょう。

 

まず、銀行のキャッシングには、金利が低いという特徴があります。消費者金融などに比べて審査が厳しい分、金利が低めに設定されているわけです(ただし、審査が厳しいといっても、昨今の銀行キャッシングの審査は以前に比べると格段に通りやすくなったと言われています)。

 

消費者金融のキャッシングには、融資までのスピードが早く、審査が比較的軽いという特徴があります。ただし、審査が甘く気軽に利用できる反面、銀行よりも金利が高めに設定されている傾向があるため要注意。
急な場合や小口の融資を希望する際には、非常に便利です。

 

なお、信販系キャッシングについては、馴染みがないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。これはクレジットカード会社が提供しているキャッシングのこと。信販系キャッシングは、会社毎にそのサービス内容が大きく異なるため一概には言えませんが、一般的に(金利やシステムに関して)銀行と消費者金融の中間的な位置にあるサービスだと言われています。

 

以上を参考に、ぜひ、ご自身に最も適したキャッシング商品を見つけていただければと思います。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日
更新履歴